サイトマップ | 言語 EN ES FR DE JP CN
matisse artist student mediums challenge brush and finger kindyglitz Face and Body Liquid Pencil Block Ink Screen Ink Derivan Ink

You are here: ホーム > フェイス&ボディペイント > 血のりペイント

'
つながり:英語と日本語  リンク: 英語                  英語と日本語
Matisse Derivan facebook   Matisse Derivan twitter   youtube Matisse Derivan channel   Matisse Derivan pinterest Derivan HealtheClean Site デリバン
ヘルシークリーン
anticrib website デリバン
アンティクリブ
download colourcharts
カラーチャート
download msds documents MSDS
download image resources
イメージ app store download android app download デリバンアプリダウンロード

section divider

Fake Blood

デリバンフェイスペイント・血のりペイント

血のりペイントは、本物の血と同じ濃度で本物の血のように乾燥します。

デリバンの血のりペイントは、本物の血のようなペイントで演劇や催し物等いろいろなシーンで使えるフェイスペイントです。このペイントは本物の血と同じ質感、濃度を持っているため、流れや乾燥の仕方が本物の血とそっくりです。この絵の具は偽物の切り傷や擦り傷を作る商品と一緒に使う事が出来ます。

この商品は36ml、135ml、のスクイーズボトルと500ml容器、2リットルのエコパックをご用意しております。

<< フェイス&ボディペイントのメインページへ

download

使用方法

デリバンの血のりペイントは指やスポンジ、綿棒、またはボトルからそのまま塗布する事が出来ます。メイクの上から塗る場合はパッチテストを手の甲等を使って行って、満足の行く結果が出るか試してください。さらにこの絵の具は小道具として血液バッグや皮下注射機、医療用のチューブ等にも使う事が出来ます。

一般的応用

現実味のある乾いた血の効果を得る為には、重力を考慮する事が必要です。例えば血のりペイントを太ももに塗布した際、座って塗布する場合と立っている場合では血のりペイントの流れ方が変わります。もし道路に倒れている状態のけが人を作る場合は、絵の具を塗布する際にも寝た状態で行うようにしてください。又は、手に怪我をした人がそのまま歩いている状態を作る場合は、絵の具の塗布の際にも立った状態で行う事により臨場感あふれるけが人を作る事が出来ます。

血が飛び散ったような効果を得るには、血のりペイントをボール等にいれ指先を付けてはね飛ばす様に絵の具を塗布する事で、血が吹き出た効果を得られます。

使用方法のヒント:肌

始めに傷を作る部分に血のりペイントを薄く塗ってベースとします。これは本物の血がしみ込んだような効果を出します。この始めの層が乾いてから次に小さな血の水たまりを作り、乾燥するまでに指等を使って形を作っていきます。二層にする事で血の赤に深みが出て、外傷の効果を発揮します。絵の具の乾燥には、ドライヤーの最低のセッティングで乾燥を助ける事が出来ます。
血のりペイントはデリバンのフェイス&ボディペイントと併用する事でさらに本格的な外傷を作る事が出来ます。お化けやゾンビのような効果を得る為には、デリバンのフェイス&ボディペイントの白で下地を作るとさらに効果的です。

小さな傷、例えばジャングルや茂みを抜ける際に出来るような傷は合成の平筆を使って描きます。描く際は、絵の具が乾く前に素早く平筆を横にして傷を作っていきます。たくさんの傷一カ所に作る場合は、それぞれの傷が乾いてから次の傷を塗る様にしましょう。

使用方法のヒント:布/洋服

500ml容器と2リットル容器は布等に流しやすい吹き出し口になっています。家具や床に絵の具がつかない為にも、ハンガー等に掛けて外等で塗布を行い乾燥させます。

乾燥時間

薄く肌に塗られた血のりペイントは、一時間以内で乾燥します。布や洋服に塗られた血のりペイントは、日光のもとで干された場合、一時間以内で乾燥します。ヘアードライアーを「低」のセッティングで使う事で乾燥を早める事が出来ます。「高」のセッティングを使うと絵の具が動く可能性があります。布も肌も乾燥時間は絵の具の塗布量、気候や気温により左右されます。

caution 注意

口、目、耳には使わないでください。間違って入った場合はすぐに冷水で洗ってください。動物には使用しないでください。もしも間違って飲んでしまった場合は、水をたくさん飲み医師の診断を受けてください。

 

 

後片付け

制限のある場所での塗布は、予期せぬ事故で床やその他の絵の具を塗布したく無い場所を汚してしまう恐れがあります。もしたくさんの量を使う場合は外等での塗布をお勧めします。
洋服についてしまった汚れを落とすには、洗濯機の頑固な汚れを落とすセッティングで、温水を使って洗いましょう。染みとりの商品や、つけ込み、スプレー等の商品もしみを取る助けになります。何度か洗濯をする必要がある場合もあります。
血のりペイントは、肌にも色が残る場合もあります。その際は何度か洗う必要があります。その際はハンドソープに砂糖を混ぜて優しく洗ってください。