サイトマップ | 言語 EN ES FR DE JP CN
matisse artist student mediums challenge brush and finger kindyglitz Face and Body Liquid Pencil Block Ink Screen Ink Derivan Ink

You are here: ホーム > テクニック

'
つながり:英語と日本語  リンク: 英語                  英語と日本語
Matisse Derivan facebook   Matisse Derivan twitter   youtube Matisse Derivan channel   Matisse Derivan pinterest Derivan HealtheClean Site デリバン
ヘルシークリーン
anticrib website デリバン
アンティクリブ
download colourcharts
カラーチャート
download msds documents MSDS
download image resources
イメージ app store download android app download デリバンアプリダウンロード

section divider

テクニック


デリバンの絵の具とメディウムを使うといろいろな事が出来ます。こちらのテクニックを参考に、新しい独自の画法を研究してみてください。

色相、彩度、明度、色調

Hue, Chroma, Tint, Shade and Tone

色は美術に取って最も基礎的な要素の一つですが、これは見た目より非常に複雑な理解が必要になります。

エアーブラシ

Airbrushing

マティスフローを使って、色の希釈を最小限にする事が出来ます。やり方はこちらから。

アンティーキング

Antiquing

年代や時の流れを作品に与える事が出来ます。フレームや木材の家具等に最適です。

クラッキング

Cracking

意図的に表面に亀裂を入れる事で下に塗った色味を出す効果は、マティス・バックグラウンドカラーデリバン・クラッキングメディウムを使う事で簡単に再現できます。

デコパージュ

Decoupage

MM7ポリマーグロスワニス がなぜデコパージュ作家の一番の味方かを発見してください。

ファブリックペインティング

Fabric painting

マティスの絵の具はほとんどの布地にそのまま描く事が出来ます。しかし、最高の結果を出す為にはこちらのヒントもご覧下さい。

フローティング

Floating

フローティングは、フォークアート作家によく知られたテクニックで、簡単に陰影付けやハイライトを付けていく作業です。

マーブリング(フォーフィニッシュ)

Marbling

マーブリングは、大理石の様な表面の仕上がりを作る事です。このガイドにそってやる事で、疑似大理石の模様は本物の様な仕上がりになります。

ラグローリング

Ragrolling

この美しい効果は平らな表面にモダンで、暖かみがあり柔らかな仕上がりを可能にします。

シルクスクリーン・プリンティング

Silk Screen

マティスの絵の具をスクリーンプリントに使えるという事を知っていましたか?この溶剤いらず、無害のスクリーンプリントのやり方をみてください。

スムーシング

Smooshing

美しい柔らかさと、明るさ、ドライブラシの様な仕上がりにしてみたいという方はこちらのテクニックを使ってみてください。

スティップリング

Stipping

スティップリンとは、点刻の様な仕上がりの事で、通常毛皮やふわふわしたものの表現に使われる事が多く、スティップリンブラシやディアーフット、バガーブレンダーブラシを使って描きます。

サーフェイスプリパレーション(表面の下準備)

Surface Preparation

下地作りは絵を描く事にとってとても重要です。ここではよく使われる下地をどのように準備するのが好ましいかに付いてお話しします。

ワニス

Varnishing

透明な膜のワニスを作品に塗る事で、色の強さや顔料の美しさを前面に押し出すだけではなく、表面の傷をつけたり劣化したりする事から守ります。ここにワニスについて知っておきたい事をご覧下さい。

ウォーターカラーテクニック(水彩画法)

Watercolur

マティスの絵の具を使ったら伝統的な水彩画法も簡単に得られます。知っておいてお得な情報はこちらから。

どの商品を使えば良いの?

What product to use

もしもどの絵の具が良いかわからない時はこのページを見てみてください。