• *Same Day Dispatch* - For orders received before 12:30 PM Monday to Thursday Weekdays
  •  

スクリーン印刷キット紙用 | シルクスクリーン印刷


紙やカードに楽にスクリーン印刷ができ、紙袋や手作りカード、アート作品などの手刷りに最適です。このキットには、特大のスクリーンスキージ、パレットナイフ、ブラシ、スクリーン描画液、スクリーンブロックアウトなど、始めるのに必要なものがすべて入っています。さらに、4色のアクリル原色と、紙にシルクスクリーンをかけるのに最適なプリントジェルもついてきます。

紙用のスクリーン印刷キットを使って

作品のコピーを何枚も作れます。

たくさんのコピーを作る

シルクスクリーン印刷を使った紙袋、カード、ラッピングペーパー、アートプリントはとても簡単です。必要なものは、十分な作業スペース、滑らかな表面、そしてデリバンのスクリーン印刷キット(紙用)です。

ちょっとしたスペースとテーブルの上、そしてスクリーン印刷用紙キットさえあればすぐに始められます。そして、好きなように手の込んだデザインを作ることに比べたら、スクリーンに移して、スキージでインクを押し出して拭き取るというのは、とても簡単なことなのです。

Clarico-Image-Text

ステップ1: スクリーン印刷用の絵柄を作る


印刷をする前に、コピーしたいものを描いたり、絵を描いたりして作品を準備します。* 初めての方は、簡単なデザインから挑戦して、ツールに慣れてから難しいものに挑戦してください。* デザインを印刷する際、インクがスクリーンに乗るように、デザインの上下に十分なスペースを空けてください。

Clarico-Image-Text

ステップ2: スクリーンの準備をする


シルクスクリーンの枠にデザインを塗り始める前に、印刷枠がきれいで乾燥していることを確認します。フレームを水平な場所に置き、デザインの少し上に位置してます。ここではフードクリップを使ってフレームを作品より高くして、デザインを汚さないようにしました。

Clarico-Image-Text

ステップ3: ペン型のドローイングフルーイドの塗布 


これで、デザインをトレースすることができます。付属のドローイングフルーイドを使って、デザインの細かい線をなぞっていきます。

あまり厚く塗ると乾きが遅くなり、洗い流しが大変になるので、厚く塗らない方がよいでしょう。

Clarico-Image-Text

ステップ4: 筆によるドローイングフルーイドの塗布  


筆でドローイングフルーイドを塗る方法もあります。

ヒント:作品が汚れないように、フレームの縁に手首をあててください。

デザインが完成したら、数時間または一晩おいて乾かしてください。ドローイング・フルイドは、触ると少し粘着性がある状態で乾燥します。指で軽く触ってみて、液体が付着しなければ、十分に乾いています。

*ドライヤーで乾かすこともできますが、画面を傷つけないよう、低温で使用することをお勧めします。

Clarico-Image-Text

ステップ5: ブロックアウトを塗る


作業スペースに当て布を敷いて、スペースを保護します。スクリーンを下向きに置きます。このステップの前に、スクリーン印刷用スキージが用意されていることを確認してください。ブロックアウト・メディウムを、スクリーンの片側のテープの端の部分に塗ります。デリバン・ブロックアウトは、非常に流動性があるので、表面が平らであることを確認してから作業を始めてください。


Clarico-Image-Text

ステップ6: スキージでブロックアウトを画面全体に広げる 


ブロックアウトを塗布した後、スクリーン印刷用スキージで絵柄の上から下にインクを引きます。スキージは40度の角度で持ち、スクリーンを優しく滑らせるようにするとよいでしょう。

一度始めたら止めずに、ブロックインクを画面に押し込まないようにしてください。

ブラシを使って修正する

スクリーン上の失敗した箇所(穴などが空いてしまったなど)は、スキージーを使った後、絵筆で修正してください。

Clarico-Image-Text

ステップ7: ブロックアウトを乾燥させる


重要なステップです!

スクリーンを水洗いする前に、少なくとも72時間乾燥させてください。製品の効果を発揮するためには、この硬化過程が不可欠です。

乾燥は湿度や天候に左右されます。

ヒント:完全に乾いていないように見えても、塗布する厚みによって異なるので、硬化時間いっぱい放置してください。

やってはいけない事: ドライヤーで強制的に乾かすのはNG

Clarico-Image-Text

ステップ8: ブロックの硬化をテストする 


ドローイングフルーイドを洗い流す前に、スクリーンの端でブロックアウト・メディウムが乾燥しているかテストしてください。

指に水をつけて、小さな範囲をこすって、ブロックアウトが再活性化しているかどうかを確認します。

ブロックアウトが浮き上がっている場合は、スクリーンの乾燥時間を延長して、再度テストしてください。

ブロックアウトが浮き上がらない場合は、手順9に進みます。

Clarico-Image-Text

ステップ9: スクリーンからドローイングフルーイドを洗い流す。


画面が乾いたら、ドローイングフルーイドをやさしく洗い流してください。

スクリーンをシンクの上に置き、洗い流したドローイング液が下に落ちるようにします。スクリーンを濡らし、指先で円を描くように優しくこすると、ドローイング液きれいに取れていきます。

トラブルシューティング(問題解決)

Clarico-Image-Text

問題点 -ブロックアウトが流れてしまいデザインが変形した場合


これは通常、ブロックアウトメディウムの乾燥に十分な時間(72時間)をかけていない場合に起こります。

Clarico-Image-Text

解決方法:ブロックアウトメディウムをブラシに含ませて、デザインにタッチアップすることで、デザインを復活することができます。

タッチアップを塗布したら、完全に乾くまで放置してください。48時間は乾燥させてください。

*印刷する前に、タッチアップが完全に乾いていることをテストしてください。

スクリーン印刷の開始

シルクスクリーン枠にデザインが作れたら、紙に印刷を始めます。何に印刷するかはあなた次第です。スクリーン印刷は、紙でも板でも可能です。どの面に印刷するかで、仕上がりが違ってきます。大きな印刷をする前に、小さなサンプル印刷を試してみてください。


デリバン・プリンティングジェル

スクリーンプリントには、デリバン・スチューデント・アクリルと、キットに含まれているデリバン・プリンティング・ジェルを使用します。デリバン・プリンティング・ジェルは、色が乾いてスクリーンのメッシュに付着するのを防ぎます。このメディウムを使えば、一度に何枚もプリントすることができ、プリントのたびにメッシュを掃除する必要がありません。(通常アクリル絵具は乾燥が早いため、メッシュの間にアクリル絵具が乾燥しないようにプリンティングジェルの力が必要になります。)

レイヤーをしたい場合は、色の濃さを薄くすることもできます。プリンティングジェルとカラーを好みの透明度になるまで混ぜます。

Clarico-Image-Text

スクリーン印刷用インクを準備する


デリバン・スチューデント・ペイントを使い、デリバン・プリンティング・ジェルを混ぜて、インクと絵の具のカスタムブレンドを作ることができます。プリンティングジェルの使用量が多いほど、色はより透明になります。

Clarico-Image-Text

スクリーンの上に印刷用インクを置く 


作った印刷用インクを画面の上部に幅2cm程度で配置します。

Clarico-Image-Text

スクイージーを使って最初の印刷を行う  


スキージはスクリーンに対して45度の角度で持ち、均一なインクの幅と適切なスキージ圧を確保します。スキージによってスクリーンの開いた部分からインクが押し出され、紙にデザインが転写されます。スクリーンがずれないようにしっかりと固定されていることを確認してください。

Clarico-Image-Text

スクリーンを綺麗にする


最初の色を印刷したら、次の違う色を印刷する前に必ずスクリーンを洗浄し、シルクスクリーン枠を乾燥させてください。


シルクスクリーンは、経済的かつ迅速にカスタムTシャツやカードなどを作成する方法です。

シルクスクリーンについてもっと知りたい方は、シルクスクリーン印刷テクニックのページをご覧ください。

スクリーンインクについてもっと習う シルクスクリーン印刷

 

SILK SCREENS 

SQUEEGEES

SILK SCREEN INK