ネットショップで販売中!
 即日発送 
*12:30pmまでのオーダーは即日発送。

 カテゴリー
x

プロダクトのカテゴリー (Clear All)

Quick Filter
Clarico-Image-Text

SPREADER MEDIUM



Make Fluid Art Paint

How To Do Fluid Art?


Looking for a medium to make fluid Art Paint? Derivan has you covered, use Derivan Spreader Medium.  Learn how to do fluid art with this Fluid Art For Beginners Page

デリバン・アクリリック デリバン・スチューデント のアクリル絵の具は、濃厚な絵具になるように調整されていて、インパストや、油絵画法、筆跡を残すテクニックなどに向いています。しかしこれらの絵具の強い着色力は、水やメディウムで薄めることも可能で、アーティストが自由な表現をできるように作られています。 

その中の一つにスプレッダー・メディウムがあり、このメディウムは広い範囲を半透明の色で塗り込みつつ、着色力をコントロールできるメディウムです。少量または多量の色を混ぜることが可能な、透明の流動性を高めるペーストです。乾くと平らになり、塗った部分と塗っていない部分の区別は難しいくらいです。例)シミすら残さないくらい。


サイズ:500mlと2リットル


安全データシートをダウンロードする 

 


BUY NOW

spreader medium in 500mL bottle

HOW TO 

その主な用途は、絵具の流動性を高めたり、その調節を自在にしたりすることを可能にするため、グレージングのテクニックを使う際に最もよく使われるメディウムです。このメディウムをそのまま使うと、乾いていても耐水にはなりません。そのため、二色の半乾き絵具の間に塗ることで、水彩画のようなウォッシュ効果を楽しめます。

乾燥した絵具の上に塗ると、濡れたように見えますが乾燥するとほとんど見えないフィイルムになります。厚めに塗られたエリアや、厚めに下処理された絵具の上に塗ると、スプレッダー・メディウムは、乾くのが比較的遅いため、作業時間を稼ぐことが可能になります。

スプレッダー・メディウムを使うことで、柔らかい色調や、繊細な調子を得ることができます。

スプレッダー・メディウムは、絵具に無限量混ぜることができます。その結果透明感を高めたり、耐水ではなくしたりすることができます。 

ポリマーグロスワニス  をスプレッダー・メディウムに混ぜることで、耐水の度合いを調節することが可能です。ポリマーグロス・ワニス1に対して、スプレッダー・メディウムを4混ぜることで、十分に耐水性のあるメディウムを作ることができます。サイズ:500ml、2リットル

INSPIRATION

Clarico-Image-Text

ACRYLIC POUR PAINTING  FOR BEGINNERS


ACRYLIC POURING ART PROJECT

READY-MADE SETS

Get started with these Ready-made Pouring paint sets which includes a 500ml Derivan Spreader Medium. 

Know more
Clarico-Text Two images
デリバン・スプレッダー・メディウム
27.12 27.12 27.12 AUD Add to Cart

29.83 29.83 inc GST

Looking After Your Art Brushes 

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Do not leave brushes standing tip down in a water container for a extended period. The bristles may become permanently distorted and loose.

-         Do not allow acrylic paint to dry on the brush. It is extremely hard to remove.

-         If dried paint has made a brush unusable, don’t throw it away. Either end may be suitable for use as a tool for scratching and scraping paint to achieve interesting effects.

-         Remove any excess oil paint from the brush with a piece of newspaper.

-         Pour a small amount of mineral turpentine into a jar with a lid and swirl the brush before wiping it again with the newspaper. Repeat until the remaining oil paint is removed.

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Keep the mineral turpentine in a jar for later use, discarding only when the contents become too dirty to use.

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Do not leave brushes standing tip down in a water container for extended periods. The bristles may become permanently distorted and loose.

-         Place brushes in a brush holder while you are working or lay them down flat to avoid undue pressure on the bristles.

-         Some staining of the bristles of synthetic brushes is likely to occur and will not impact the future use of the brush, assuming it has been thoroughly cleaned.