ネットショップで販売中!
 即日発送 
*12:30pmまでのオーダーは即日発送。

 カテゴリー
x

プロダクトのカテゴリー (Clear All)

Quick Filter

デリバン・インク 


デリバンインクは、専門家用の高品質インクです。色素が濃く、耐水、耐光性の高いインクで、目詰まりをすることもありません。全ての色は混ぜ合わせて、混色を作ることが可能で、筆、製図、カリグラフィーペン、エアーブラシなどで、紙やボード、木や布に書くことが出来る多機能インクです。


Derivan Ink squeeze bottles and 500mL bottles with an assortment of colours

色見本

使用方法 

デリバンインクは、有害物質を含まない安全なインクで、カリグラフィー、インクデッサン、複合媒体、スクラップブック、カード作りなど、様々な用途に適しています。ボトルからそのまま、または水、デリバン・インクエクステンダーで薄めてお使いください。

サイズ:36mlと500mlの二種類

混色について

全ての色は、互いに混ぜることができるので、多様な色を作り出す事が出来ます。透明性のあるインクなので、レイヤー技法を使って色を混ぜるのにも向いています。

後片付け

デリバンインクは水で洗い流す事ができるので、後片付けが簡単ですが、耐水性のあるインクですので、乾いてしまった場合は、マティス・インククリーナーをお使いください。汚れてしまった道具は、マティス・インククリーナーに浸し、ぬるま湯の石鹸水で洗うと汚れがきれいに落ちます。

ついてしまった汚れを落とすには 

高品質のインクが洋服に付いてしまったら落ちにくいように、デリバンインクも洋服についてしまうと落としにくくなります。次のような方法で、汚れを見つけたらすぐに落としてください。


まだ濡れている汚れ:汚れた部分を、冷たい流水のもとで、汚れが広がらないように気をつけながら洗い流してください。ある程度の汚れが取れたら、タオルの上において、家庭用の石鹸を汚れている部分に優しく塗り込みます。その後、親指と人差し指で優しく縁を描くように、汚れを落としていきます。直接汚れをこすらないで下さい。

再度流水で洗い流します。この工程を2、3回続けてください。乾かす際は、タオルで包み込み、水分を吸い取るようにしてください。


乾いてしまった汚れ: バケツかシンクにぬるま湯を用意して、家庭用の洗濯石鹸を使います。汚れのついた布を15分浸けてください。

親指と人差し指で優しく円を描くように、インクを石鹸水の中に洗い流していきます。石鹸水が汚れてきたら交換してください。絶対に熱湯は使わないでください。頑固な汚れは、一晩つけておかなければならないかもしれません。この他の方法で汚れを落とそうとしますと、汚れが取れなくなる恐れがあります。煮沸させない、ドライクリーニングに出さない、その他の化学溶剤や希釈材は使わないでください。汚れの上からアイロンをかけないでください。洗濯機にもかけないでください。汚れてしまった洋服はほかのものと一緒に洗濯しないでください。

衛生と安全  

デリバンインクは、水、顔料、アクリルを原料に作られた、有害物質を含まない安全な製品です。この商品は、もちろん食用には作られていませんが、小さなお子様にも安全にお使いいただけるように作られています。詳細については、製品安全データーシートをダウンロードしてください。

デリバン・ドローイング・インク
8.04 8.04 8.040000000000001 AUD Add to Cart

8.84 8.84 inc GST

Looking After Your Art Brushes 

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Do not leave brushes standing tip down in a water container for a extended period. The bristles may become permanently distorted and loose.

-         Do not allow acrylic paint to dry on the brush. It is extremely hard to remove.

-         If dried paint has made a brush unusable, don’t throw it away. Either end may be suitable for use as a tool for scratching and scraping paint to achieve interesting effects.

-         Remove any excess oil paint from the brush with a piece of newspaper.

-         Pour a small amount of mineral turpentine into a jar with a lid and swirl the brush before wiping it again with the newspaper. Repeat until the remaining oil paint is removed.

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Keep the mineral turpentine in a jar for later use, discarding only when the contents become too dirty to use.

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Do not leave brushes standing tip down in a water container for extended periods. The bristles may become permanently distorted and loose.

-         Place brushes in a brush holder while you are working or lay them down flat to avoid undue pressure on the bristles.

-         Some staining of the bristles of synthetic brushes is likely to occur and will not impact the future use of the brush, assuming it has been thoroughly cleaned.