• 平日の午後12時30分までのご注文分は、*即日発送*  

サステナビリティ(持続可能性)

リデュース(削減) I リユース(再使用) I リサイクル(再生)

ご参加ください  絵の具パッケージのリサイクルプログラム

Recycling Symbol

デリバンのミッション・ステートメント(弊社の使命として掲げる文)は、とても理解しやすく、支持されているものです。私たちは、環境を意識した簡単で、しかし影響力のある行動を起こす事を信念としています。 


「ミッションステートメント」より:

「品質、サービス共に最高のものを供給する事で、世界のアーティスト用アクリル絵の具の先進的な供給者/製造者となる為にも .... 商品と製造の両方に置いて、常に新しい環境を考えた地球に優しい商品作り、製造方法を取り入れています。」 

2009年、デリバンは、ロックハンプトンとグラッドストーン地域の住民のリサイクルや、その他の廃棄物の最小化活動に対する意識や参加意欲に関する情報を収集するために、クイーンズランド州中央地方自治体協会との調査に参加しました。

調査結果によると、78%の回答者が自宅に黄色い蓋のリサイクルビンを持っていることがわかりました。クイーンズランド州の黄色い蓋付きリサイクルビンは、紙、段ボール、ガラス瓶、瓶、アルミ缶やスチール缶(エアロゾルを含む)、ジュースや牛乳パック、プラスチック容器などを回収してリサイクルするのに適しています。

その結果、回答者の59%が「どのようなものがどのようにリサイクルできるのか」については確信を持っていることがわかりましたが、ピザの箱やビニール袋、飲料用ガラスなど、現在リサイクルできないものについては混乱が見られました。

この結果は、ほとんどの人がリサイクルの重要性を理解していることを示していますが、まだまだ認知度を高める余地があることを示しています。私たちデリバンは、リサイクルを奨励し、廃棄物を最小限に抑える製品を開発することも、同様に重要だと考えています。そのため、社内ではいくつかのリサイクルプログラムを実施し、環境に配慮した活動を行っています。

私たちはこれを「デリバンのサステナビリティプログラムの3分野」と呼んでいます。

私たちは、私たちの高品質な絵の具が環境に大きな負担をかけないように、可能な限りの努力をしています。以下は、デリバンが環境への影響を最小限に抑え、持続可能な未来への計画を立てている方法のいくつかをご紹介します。



プロダクト(商品)

デリバンの絵の具には、鉛や クロム酸塩 は一切含まれていません。絵の具に含まれる他の重金属は完全に反応していますので、埋め立てられても生物学的な害はありません。同様に、アーティストが日常的に使用している場合、洗浄の際の排水を庭に流したとしても生物学的な害はありません。ただし、それらの排水は食用にならない植物へ流す処分することをお勧めします。



パッケージ(梱包)

デリバンの包装(パッケージング)には、数段階の行程が含まれています。包装(パッケージング)には二つの要素が含まれます。絵具やメディウムを直接入れる容器やチューブと、その商品を運ぶ為に入れる箱、プラスチック素材の梱包など、そして、それらのリサイクルを常に考えて商品開発を行っています。 


デリバンによる容器のリサイクル:

調査の結果、絵の具を直接入れる容器を再利用するために当社に返却してもらえる可能性は、低いということがわかりました。この戦略の主な障害は以下の通りです。

  • 返却される容器の商品が10年以上保存されている場合等があり、それを追跡し個人個人のレベルで回収リサイクルする事は、非常に時間のかかる。

  • 商品は世界中へ輸出されている為、返却にかかる環境への問題を考えると、容器のリサイクルは利点がないとみられる。

消費者による再利用のための容器のリサイクル:

これには色々な問題が生じる為、まずリサイクルしやすいパッケージを作る事から始めなければなりません。お客様はその他の理由で、容器を洗ってお使いになられる事もあるでしょう。容器のリサイクルは、資源やエネルギーの使用を最小限に抑えられます。デリバンの容器はお客様の声を聞き、36ml、40ml、50ml、250ml。500mlをご用意しています。さらに、全世界的にリサイクル可能な物質の使用(リサイクル可能な物質、例PET プラスチックがデリバンの考える次の目標です。

この方法は、容器回収よりも実用的です。




ソフト2リットル エコパック:

デリバンでは、リサイクル習慣の研究を支援した後、最も人気のある子供用・学生用の商品にこの新しいパッケージを導入しました。リサイクルを奨励し、廃棄物を最小限に抑える製品を開発することも同様に重要です。このことを念頭に置いて、私たちは実用的でありながら、全体的な二酸化炭素排出量を削減する、新しいパッケージの形を開発しました。この新しい エコパック は、これまでに使われたものとは違います。基本的には、オーストラリアの箱ワインの容器に似た、柔らかいリサイクル可能なプラスチック製のパッケージです。それは平らなベースを持っており、それが含まれている絵の具の色がはっきりと見えるようになっています。四角い縁にはネジ式キャップとノズルが付いていて、注ぎやすくなっています。


会社間、サプライヤー間でのリサイクル:

可能な限り、私たちは原材料の供給連鎖を構成する、すべての包装をリサイクルしています。これには、いくつかの方法があります。

  • サプライヤーに返却可能なパレコンとIBC(大型原料容器)の使用を通じてのリサイクル。

  • ドラム缶をサプライヤーに返却し(可能な場合)、できないドラム缶はリサイクルします。

  • 私たちは、コンテナに入った外箱の多くをサプライヤーに返却することを開始しました。これが不可能な場合やエネルギー効率の悪い場合は、同サイズの箱を回収して照合し、他の会社に供給する会社を介してリサイクルしています。再利用に出すことで、加工して新しいダンボール箱にするよりもエネルギー消費量が少なくて済みます。リサイクルできない箱やダンボール、紙などは、VISY(紙などをリサイクルしてくれる会社)でリサイクルしてもらいます。

  • 最後の手段として、ごく少量のダンボールが埋立地に送られることがあります。廃棄されるダンボールの量を減らすために、私たちは積極的に「汚染」例えば、絵の具や顔料が段ボールに付着しないようにします。


PETクラム梱包:

PET(ポリエチレンテレフタレート)クラムパックは、プラスチック製の容器で、絵の具チューブを梱包して輸送するために使用されます。この工程ではダンボール箱も使用しています。地元では、「クラム」パックとダンボール箱を当社に返却して再利用することを奨励するプログラムを実施しています。

国際的には、返品は不可能なため、これらの包装製品はリサイクル可能な材料(すなわちPETとダンボール)のみで作られています。例えば、チューブが入っているPETクラムパックは、現在、30%の社内リサイクル材と5%の消費者様でのサイクル材で構成されていますが、当社のサプライヤーはこの比率を改善することを目指しています。私たちは、常に新しい技術や新しい包装技術の革新に注目しています。可能な限り、サプライヤーが最新のエネルギー効率の高い技術を使用して、デリバンのパッケージを製造していることを確認しています。

Box with empty packaging

HOW TO:

RETURN   DERIVAN

PLASTIC TUBE PACKAGING


1. Stack 50 or more of the plastic tube packs  in the open position on top of each other

and place into the box they were shipped  to you in as shown in the image below.


2. Seal the box and address it

DERIVAN P/L REPLY PAID

84430 PO BOX 3695

RHODES NSW 2138

3. Take to post office and they will
deliver it back to Derivan free of charge!

VEGAN FRIENDLY  


With one exception we do not use animal products in any of our paints (described below) - we most certainly do not believe in animal testing either and have never used this (to my knowledge and I have been here since 1983) - with that said we use over 1200 different ingredients and more specifically with our face paints (which are cosmetics) no doubt some of these raw materials would have once been tested on animals by the raw material manufacturers, with many of these products we have no choice but to use them to comply with regulations.

So to reconfirm we do not knowingly use animal products in our paints and we most certainly do not test on animals - except.

The one exception is a colour we make called ivory black (in the Matisse range )  - obviously it is not made from ivory but we believe it is still made from the burnt bones which are a by-product of abattoirs - it is recycling as it were - (however we have asked the manufacturer to confirm this and are still waiting on an answer as their rep did not think it was still made this way now)

Also the "carmine" colour that we have is not made on Carmic Acid/Cochineal - as it is an animal product and it is not lightfast - it is a "synthetic" pigment developed to give a similar colour.